FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FireFox OSアプリをPCに保存&シミュレート

2016-04-09 | 17:04

Firefox OSのアプリをPCに保存し、それをPCでプレイする方法を紹介します。
OSとしてのFirefoxとシミュレーション(エミュレートではない)を可能とするアドオンを組み合わせて行います。
起動した仮想OS側でアプリをインストールし、その際にダウンロードされたアプリファイルを別個で保存します。よって、ガラケーやAndroidなどのアプリの時とは違い直接アプリファイルだけをダウンロードすることはできません。

必要となるものは
ブラウザのFirefox
アドオンのFirefox OS Simulator
この2つです。
Firefox:
https://www.mozilla.org/
Firefox OS Simulator:
https://ftp.mozilla.org/pub/labs/fxos-simulator/

インストール方法
ブラウザのFirefoxをPCにインストールした後、Firefox OS Simulatorのページに行きアドオンをインストールしましょう。この際、アドオンを右クリックから"名前をつけてリンク先を保存"でPCに保存しておき、後からFirefoxにドラッグ&ドロップする形でインストールすることをお勧めします。
数十MBから100MBと大きなアドオンなので環境によっては反応が返ってくるまで少し間があるかもしれません。

なお、最近のFirefoxでは未検証のアドオンの有効化ができないようになっています。
Firefox OS SimulatorもMozillaが配布しているものなのですが、未検証となっています。
これを有効にしたい場合、Firefoxの設定を変えて検証されていないアドオンを有効にできるようにしなくてはいけません。

検証されていないアドオンを有効にする方法
アドレスバーに about:config と入力して進み、xpinstall.signatures.required の項目を false に変えます。

起動

ツール>Web開発>WebIDE と進みます。
するとWebIDEが開くので、右側からインストールしたシミュレータを開きます。まだない場合は"シミュレータをインストール"から選んでダウンロードしてから開きます。
すると仮想デバイスが開かれます。
なお、私の実験環境では最初は仮想デバイスが最初の画面から遷移せず、何度もアドオンの削除や再起動を繰り返しました。結局Firefoxに関わるデータを丸ごと削除し再インストールすることで起動に成功しました。同様の問題を抱えている場合は下記を参考にしてください。

Firefoxの完全なアンインストール
Firefoxを完全に削除したい場合に問題になるのが今まで使っていたFirefoxのデータです。上書きするようにして古いバージョンをそのままインストール、もしくは"プログラムの追加と削除"から今までのものをアンインストールして再度インストールし直しただけだと、今まで使っていた設定などがほぼそのまま反映されてしまいます。そうなると不具合の類もそのまま反映されてしまいます。
ですので完全なアンインストールをしたければ、Firefoxに関わるファイルも一掃してしまう必要があります。
もちろんバックアップをとった上で行うのがよいでしょう。MozBackupのように各種設定のバックアップをとるソフトも存在しますし、直接設定に関わるファイルをバックアップしてもいいです。
MozBackup
http://mozbackup.jasnapaka.com/
参考ページ:mozilla support 設定情報のバックアップ
https://support.mozilla.org/ja/kb/back-and-restore-information-firefox-profiles

Firefox関連のアドレス例
C:\Documents and Settings\user\Application Data\Mozilla
C:\Program Files\Mozilla Firefox
C:\Program Files\Mozilla Maintenance Service
Firefoxのデータなどを完全に削除したければこういったものも削除してからインストールし直しましょう。

Marketplaceへのアクセス

仮想デバイスのブラウザからMarketplaceへアクセスします。

Firefox Marketplace
https://marketplace.firefox.com/

仮想OSでは最初のロックを外すとすぐにショートカットがあるのでそこをクリックするのが簡単です。
そして任意のアプリをインストールします。
するとFirefoxに関わるフォルダにアプリのデータが保存されます。
場所の例:
C:\Documents and Settings\user\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\(人によって違う)\extensions\(アドオンのフォルダ)\profile\webapps

各アプリごとにフォルダに application というzipファイルとwebappなどのファイルが入っています。このzipファイルこそがアプリファイルです。
なお、manifest.webappというファイルは、アプリに関する必要事項を記入したテキストファイルです。これ自体はアプリではありません。しかしまれにこれのみがフォルダに保存されていることがあります。これはアプリを起動した際にその記載先のサイトにアクセスしてコンテンツを実行する形式だからです。そういったものは大抵インストール前にアプリのサイズがUnknownとなっています。

アプリの起動

一度仮想OSにインストールされているのでそれをそのまま起動してもよいです。
起動したいapplication.zipを解凍し一つのフォルダにまとめておきます。
Web IDEと仮想デバイスを起動し、"パッケージ型アプリを開く"を選び、起動したいアプリのフォルダを指定、ウィンドウ上部中央の再生ボタンを押せばアプリが再生されます。
また、PC版のFirefox、いわゆるデスクトップ版のFirefoxにindex.htmlをドラッグ&ドロップしても起動します。ただし近い将来PC版Firefoxのバージョンが上がると対応しなくなる可能性もあります。
スポンサーサイト

Theme : スマートフォン・アプリ
Genre : 携帯電話・PHS

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。